女医

下肢静脈瘤の名医がいる病院を利用|信頼できる医師探しの旅

背骨の空洞が狭くなり

看護師

神経が圧迫されます

背骨は椎骨という骨がいくつも繋がってできています。一つ一つの椎骨は、体の胸側の椎体と背中側の椎弓という二つの部分からできていて、椎体と椎弓の間には椎孔という空間があります。この椎孔が連なって管状になったものを脊柱管と言い、この中には神経や血管が通っています。脊柱管を取り囲む組織が何らかの原因で変形を起こし脊柱管が狭くなると、脊柱管内部の神経や血管が圧迫されるため痛みやしびれなどが生じます。これを脊柱管狭窄症と言います。背骨は加齢とともに変形し脊柱管が狭くなります。そのため脊柱管狭窄症は高齢者に多く見られます。また、若いときに腰を痛めたり、重労働や長時間の運転などにより背骨に負担をかけてきた人は脊柱管狭窄症になりやすいとされています。

保存療法と手術

脊柱管狭窄症になると腰や足にしびれや痛みの症状が出ます。足に症状が出るときは、片側だけの場合と両側に出る場合があり、スリッパが脱げてしまうなど足に力が入らなくなるような症状の場合もあります。脊柱管狭窄症の治療法は保存療法と手術療法の二つがあります。保存療法には薬物治療、神経ブロック、理学療法、運動療法などがあります。薬物治療では痛み止めの薬を内服したり患部に貼り付けたりして痛みを鎮めます。神経ブロックも痛みを取り除く治療法で、痛む部位に麻酔薬を注射します。理学療法は温熱療法やマッサージなどで痛みを軽くします。運動療法は基本的に筋力をつけて痛みを緩和する方法ですが、脊柱管を広げる可能性のあるエクササイズもあります。保存療法で効果がなければ手術を行います。手術では、神経を圧迫している組織を削ったり除去したりして痛みの原因を取り除きます。