女医

下肢静脈瘤の名医がいる病院を利用|信頼できる医師探しの旅

腰に負担をかけないように

医者

生活の中で工夫しましょう

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛や足の痛みやしびれを伴う症状で、20〜40代の男性に多くみられる疾患です。腰椎椎間板ヘルニアになってしまったら、炎症を抑えることが一番の治療です。とにかく安静にして、痛みを和らげるために、コルセットなどで固定するのも方法です。長時間、同じ姿勢をとらないようにすることも大切です。前かがみの姿勢は、腰に負担をかけてしまうので注意が必要です。重いものを持ったり、うつぶせに寝ることは腰に負担をかけます。とにかく、腰に負担をかけないように、日常生活で工夫をすることが大切です。タバコの喫煙は、腰椎椎間板ヘルニアの発症率を高め、損傷しやすくなるので控えましょう。腰椎椎間板ヘルニアの治療には、腰に負担をかけなくすることが大切です。

安静にしましょう

腰椎椎間板ヘルニアは、さまざまな原因により発症します。生活環境によるもの、疲労、喫煙、遺伝などによるものです。初期段階では、腰痛からはじまり、片足の足のしびれや痛みが加わってきます。これらの痛みは、せきやくしゃみにより悪化してしまうのが特徴です。治療法としては、保存的治療と手術治療があります。はじめに、保存的治療を3カ月ほど行いますが、それでも改善がみられない場合には手術を行うことがあります。手術は、改善がみられない場合に検討されますが、急がなくても手遅れになることはありません。日常生活において支障がない範囲であれば、本人が手術を行いたい時にすることができます。保存的治療により、安静をこころがければ自然治癒する可能性もあります。