メディカル

下肢静脈瘤の名医がいる病院を利用|信頼できる医師探しの旅

今日でもわからない病気

病棟

すい臓がんは発見されにくく全身転移していると生存率がかなり低い。但し人間ドック等でうまく転移前に発見できれば、比較的生存率が長いがんです。予防のためには定期的なきちんとして健康診断を受ける必要があります。

View Detail

前立腺に発生するがん

問診

前立線がんは50歳代以降に急速に増加し、進行が遅く80歳以上では3割以上の人が初期のがんを持っているといわれています。前立線がんの特徴は骨へ転移しやすいということです。前立線がんの転移の割合、骨が70〜90%、リンパ節が20〜25%、肺が5〜10%、肝臓、脳と続きます。骨の部位別では骨盤骨や腰椎、胸椎や肋骨、大腿骨が多いとされています。がんが骨に転移するようになると、背中や腰の痛みを感じるようになります。この時の痛みは痛のような鈍い痛みから刺すような強い痛みまでさまざまです。また、がんが脊椎に増殖すると神経を圧迫して麻痺を引き起こしたり、破骨細胞を活性化させることで骨折が起きやすくなったりします。

がんの転移がある場合は手術療法や放射線療法で完治を目指すことが難しくなってしまいます。そこでがんの進行を抑え、生活の質(QOL)を考えた内分泌療法や化学療法を行ないます。また痛みへの対策として緩和ケアも追加されます。前立線がんは男性ホルモンの分泌が活発なほど増殖し、このホルモンが減少すると小さくなることがわかっています。そのため、内分泌療法(ホルモン療法)によって男性ホルモンの分泌を抑制し、がんの増殖を抑えます。内分泌療法が効かなくなった場合に抗がん剤を用いた化学療法を行ないます。よく使用される薬は3週間に1回の点滴を10回繰り返します。1回の治療時間は2〜3時間なので通院での治療も可能です。しかし様々な副作用が考えられ、初回は入院して経過を見る場合もあります。

がんは誰にでも発症する病気ですが、その他にも下肢静脈瘤という病気も存在します。がんのようにとても恐ろしい病気ではないものの、治療をしなければ症状は進行してしまうため早めに治療をする必要があります。病院によっては下肢静脈瘤の名医がいるところもあるので、安心して治療を受けるためにも名医に治療してもらいましょう。また、下肢静脈瘤の名医がいる病院を探す際はインターネットが活用出来ます。インターネットでは全国の病院を調べることができ、下肢静脈瘤の名医だけではなくがん治療の名医を探すことも出来るため積極的に活用することが望ましいと考えられます。

背骨の空洞が狭くなり

看護師

背骨を貫通する空洞を脊柱管と言い、その中には血管や神経が通っています。加齢などにより背骨が変形すると脊柱管が狭くなり痛みやしびれなどの症状が出るようになりますが、これを脊柱管狭窄症と言います。脊柱管狭窄症の治療は薬や神経ブロックなどで痛みを取り除くことから始め、効果がなければ手術を行います。

View Detail

腰に負担をかけないように

医者

腰椎椎間板ヘルニアは、一番の治療は安静にすることです。炎症を抑えることが大切です。腰に負担をかけないようにするために、日常的に工夫が必要です。安静にしていれば、自然治癒の可能性もありますので、腰に負担をかけないようにしましょう。

View Detail